男性に多いAGAってそもそも何?はげとは違うの?

多くの男性が抱える髪の悩み

わが国では約1000万人の男性が抜け毛や薄毛に悩んでいると言われていますが、その原因の大半を占めるのがAGAです。
AGAは、日本語では男性型脱毛症と呼ばれています。30代以降の男性によく見られますが、思春期を過ぎれば誰にでも発症の可能性があります。
AGAの特徴は2つあります。1つは皮膚疾患や薬の副作用など、特定の原因がないにも関わらず抜け毛や薄毛が発生すること、そしてもう1つは進行性であることです。程度に個人差はありますが、何も対策を講じないでいると確実に進行します。AGAイコール「はげ」というわけではありませんが、AGAが進んで最終段階に至った状態が禿頭、すねわちはげ頭ということになります。

専門機関でカウンセリングが受けられる

AGAは遺伝・ストレス・生活習慣の乱れなどいくつかの要因が複合して起こると言われており、このうち遺伝的要素は男性ホルモンの需要に関係しています。AGAによる抜け毛・薄毛は男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼと呼ばれる体内酵素によってジヒドテストステロンという物質に変換され、頭髪の成長を妨げることによって起こることが分かっていますが、5αリダクターゼの分泌量には個人差があり、その差は遺伝的原因によるものと考えられています。
発毛クリニックなどの専門機関では、DNA検査によってこの遺伝的要素の有無、つまりAGAリスクの高さをチェックすることができます。その結果に応じて、治療プログラムの提案やヘアケアの方法及び生活習慣に関わるアドバイスなども行っています。カウンセリングは電話やメールなどによる予約で簡単に受けられるようになっています。